空き家解体ローンについて

空き家を解体するときの一番の課題は、「解体費用の捻出」です。

一般的な相場としては、30坪の木造家屋を取り壊す場合でトータル120万円から150万円前後の解体費用が必要となるため、自治体の補助金制度を利用したとしても一括で高額な費用を支払うのは難しく、

「空き家を解体したいけれどお金が足りない。」

「ローンを組みたいが、その後に家を建てる予定がないので、住宅ローンは組めない」

ということはないでしょうか。

そこでおすすめなのが「空き家解体ローン」です。このローンは、空き家の解体資金に利用できるもので、自治体が地域の銀行と提供されている金融商品です。

通常の住宅ローンよりも低金利だったり審査が通りやすい特徴があります。

自治体の補助金制度と「空き家解体ローン」を併用することで、金銭的な負担を軽くすることができます。

空き家解体ローンを利用するメリット

  • 解体工事の予算を工面できない場合でも、分割払いで解体工事を可能にできる。
  • 利用条件が住宅ローンよりも低金利で、多くは担保や保証人は不要。
  • 返済期間も長くとれる場合が多い。

福岡県の銀行の空き家解体ローン

少子高齢化、地方の過疎化が進む中、社会問題化している「空き家問題」の解決や地方創生の取り組みの一環、空き家解消に取り組む各自治体からの要請などもあり、 各地方銀行などの金融機関では続々と「空き家解体ローン」の取扱いを開始しています。


福岡県の銀行の空き家解体ローンについて紹介します。
・福岡銀行の空き家解体ローン

・西日本シティ銀行の空き家解体ローン(NCB空き家解体ローン)

・北九州銀行の空き家解体ローン

福岡銀行の空き家解体ローン
  1. ご本人または3親等以内のご家族が所有・共有する空き家の解体費用に利用可。
  2. ご融資金額は、10万円以上300万円以下 (1万円単位)
  3. 担保・保証人は不要。

福岡銀行の空き家解体ローンについての詳細は、福岡銀行のHPでご確認ください。

西日本シティ銀行の空き家解体ローン(NCB空き家解体ローン)
  1. ご本人が所有する建物の解体費用に利用可。
  2. ご融資金額は10 万円以上 500 万円以内(1 万円単位)
  3. 担保・保証人は原則不要(場合により、連帯保証人をお願いすることがございます。)

空き家解体ローン(NCB空き家解体ローン)についての詳細は、西日本シティ銀行のPDFでご確認ください。

北九州銀行の空き家解体ローン
  1. 空き家の解体、リノベーション、購入費用等、幅広くご利用可能。
  2. ご融資金額は10万円以上最高500万円以内です。(1万円単位)
  3. 担保・保証人は原則不要

北九州銀行の空き家解体ローンについての詳細は、北九州銀行のHPでご確認ください。


上記以外にも、空き家解体ローンを展開している福岡県内の各金融機関があります。

手続き等でお手伝いできることもあると思いますので、お気軽に解体ワンストップにご相談ください。

さいごに

この度、解体ワンストップは、福岡で解体事業を開始することとなりました。

私たち「解体ワンストップ」は、小さな解体(プチ解体)から建物の解体(木造解体・鉄骨解体・RC解体)まで解体工事の専門家として幅広い対応力をもち、 解体工事のプロとして、年間工事5,000件超の経験を生かし、解体から廃棄物処理までの「ワンストップ」対応にとどまらず、申請関係やその後の土地活用まで「ワンストップ」で対応可能なサービスを提供することを目指しております。

福岡市近郊で解体工事をご検討される方、福岡市で相続した不動産の売却を含めた今後の活用方法についてお悩みの方(現在福岡市内にお住まいでない方でも相続した不動産の所在地が福岡市内または福岡市近郊であれば対応可能です)

是非、解体ワンストップにご相談ください。

その他、解体工事の疑問や不安をお持ちの方も、お気軽にご相談ください。

問い合わせ先はこちら

お電話は、092-734-5001

関連記事

カテゴリー

アーカイブ