解体工事が初めての方
解体工事は一生に一度あるかないかのイベントで、多くの方が不安に感じられているかと思います。
ここでは、お客様からよせられたお悩みや不安について回答し、初めての方でも解体工事についての専門知識をまとめたページになっています。

結局解体工事って
いくら必要になるの?
解体業者はどの業者を
選べばいいの?
建て替えで
ハウスメーカーや
工務店と連携してほしい
事前の準備は
何が必要になるの?
相続した空き家を
解体したい...
土地活用のために
建物を解体したい...
大切なのは
「良い会社選び」

解体業者の中には、解体工事について詳しくない一般消費者の弱みにつけこみ、見積もりの金額を小さく出し、追加請求が高額な場合が少なくありません。

また、近隣クレームや工事中のトラブルが発生し、場合によっては死亡事故にも繋がるような危ない工事をする業者もいます。

現場調査中の説明の丁寧さや、スピード対応力適正な価格を提示しているかなど、良い業者の基準を満たしているかを事前に下調べしておく必要があります。

POINT 01見極める条件
どんな業者を選べばいいの?
❶ 見積のわかりやすさ
❷ 地域密着の会社
❸ 許可を持っている
❹ 近隣対策が万全
❺ 対応の丁寧さ

地域密着の会社は、施工エリアを限定しているため、スピーディーな対応ができます。また、見積もりの提出時に内容の解説があったり、解体工事後の土地活用の提案があったりする会社が信頼できます。解体工事のプロとして、安全でトラブル0に努める会社が良い会社です。

POINT 02適正価格を知る!
解体工事の費用っていくら?
相場は80〜200万円

※木造住宅の20〜30坪の解体費用相場

解体費用は、建物の種類(木造・鉄骨造・RC造など)や、建物の周辺の状況(道路の幅や近隣住宅との距離など)によって大きく変わります。

また、解体物件内の残置物の処分費用や、解体工事後に地面から地中埋設物が出土した場合にも別途費用が発生することがあります。

POINT 03必要な手続き
解体前と解体後でそれぞれ確認が必要です!
❶ ライフライン手続き
❷ 建物滅失登記

解体工事の着工前に、施主ご自身で電線や水道、ガス管などライフラインに関わるものの「停止」を各契約先に連絡します。

着工前に手続きが完了していないと、着工が遅れます。

また、解体工事後には「建物滅失登記」を法務局に届け出なければなりません。土地家屋調査士による申請の代行が可能ですが、通常3〜5万円の代行費用が発生します。
また、申請を怠ると過料に処されることもあります。