コラム

解体工事のお日柄について     

結婚・引っ越し・納車などに日柄の良い日を選びたいと考える人は多いと思います。縁起のいい日といえば六曜の大安が挙げられます。今回のブログでは、解体工事を実施するお日柄などについて解説します。 目次 ・解体工事のお日柄について ・六曜について ・建築

コラム

スケルトン解体について     

解体工事といっても建物すべてを解体する場合もあれば、リフォームのために建物の一部を解体する場合もあります。それがスケルトン解体と呼ばれる解体手法です。この場合のスケルトンとは「建物や船などの骨組み」のことを指し、建物内もしくは部屋のなかの壁、床、天井、配線、給排水機、吸排気設備

コラム

解体工事におけるマニフェスト制度について

不法投棄される廃棄物の特長として、建築解体現場から運搬された廃棄物が多くみられます。不法投棄が減らない理由は、廃棄物の処理費用が高いことや「黙って捨てても簡単にはバレないだろう」というような安易な考えがあるからです。また、廃棄費用を先にもらい、その後廃棄物の運搬を行うので、でき

お知らせ

GW休暇のお知らせ        

2024年4月27日(土)~2024年5月6日(月)までGW休暇のためお休みさせて頂きます。GW休暇中のホームページへのお問い合せにつきましては、休暇明けに対応いたします。お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご容赦賜ります様お願い申し上げます。

コラム

解体工事で地中埋設物が見つかった場合について 

解体工事において、古い建設廃材や前の建物の基礎や杭などの地中埋設物が見つかることがあります。地中埋設物の存在は予期せぬ追加費用や工事遅延の原因となり、土地の売却や新しい建築物の建設にも悪影響を及ぼします。今回のブログでは、地中埋設物とはなにか、また地中埋設物のて撤去費用について

コラム

火事に遭遇した建物の解体について

火事が発生した後の家屋は、建材が燃えたことで発生する有害物質、構造的な安全性が損なわれて倒壊するなどの危険性があります。そのため、早急に解体したいと考えますが、すぐに解体工事を依頼することはNGです。火事による被害を受けた場合の家屋の解体には手順があり、その手順を踏まないと不利

コラム

旗竿地の解体について     

土地の形状が旗竿のように見えることから、旗竿地(はたざおち)と呼ばれる敷地に建物が建てられることがあります。旗竿地は狭小地と同様に解体工事の費用が通常の整形地よりの高額になることがあります。今回のブログでは、旗竿地のメリット・デメリットと旗竿地の解体工事について解説します。 

コラム

狭小地の解体工事について     

狭小地について明確な定義があるわけではありませんが、一般的に15〜20坪以下の面積を持つ土地を指し、特に土地が密集している都市部では狭小地に建物を建てるケースが多くみられます。一般的に解体費用は土地の規模によって増加しますが、狭小地では土地が狭いのに、逆に解体費用が高くなるケー

コラム

解体工事における足場の重要性と種類 

解体工事において、足場は作業員の安全を守り、効率的な作業を可能にするために不可欠な要素です。足場は、作業員が高所で安全に作業を行うための仮設構造物であり、解体工事の現場ではさまざまな種類が使用されています。今回ブログでは、解体工事で用いられる足場の種類とその特徴、設置に関する基

コラム

解体工事後に土地の評価が上がる理由 

「建物を解体すると税金が高くなる」と言われますが、実際には建物が解体されて更地になったことで、税額が増えるのではなく、標準通りの税額になっただけなのです。ここでいう税金とは「固定資産税・都市計画税」ことを指すのですが、建物の解体と固定資産税、都市計画税の関係について解説します。

コラム

ブロック塀の解体       

ブロック塀、またはコンクリートブロックで作られた塀は、日本の多くの住宅や学校、公共施設などで見かける一般的な構造物です。しかし、老朽化や以前の耐震基準で施工されたブロック塀の耐震性は必要十分なものではありません。平成30年6月に発生した大阪北部地震では、ブロック塀の倒壊で死者も

コラム

庭木や庭石の解体撤去について

庭木や庭石の解体撤去は、庭のリニューアルや建物の建て替え、庭の機能変更など、さまざまな理由で必要になる作業です。作業規模が小さい場合は、DIYで対応することもあるかもしれませんが、多くの場合、造園業者や解体業者などの専門業者に依頼することがほとんどだと思います。このブログでは、