解体工事で使用する重機について

解体工事において、重機は不可欠な役割を果たします。建物の大きさや構造、立地条件に応じて選ばれる重機は、解体作業を安全かつ効率的に進めるために重要です。今回のブログでは、解体工事でよく使用される重機の種類とその特徴、さらには選定の際の考慮点について解説します。 

目次 

・解体工事でよく使用される重機

・油圧ショベルの種類と特徴

・重機の選定における考慮点

・さいごに

解体工事でよく使用される重機

解体工事で最も一般的に使用されるのが油圧ショベルです。これは、ベースマシン(本体)、アーム・ブーム(作業装置)、アタッチメント(作業具)の3つの主要部分から成り立っています。油圧ショベルは、そのサイズに応じて様々な解体作業に対応可能で、小型のものから大型のものまで幅広く展開されています。

油圧ショベルの種類と特徴

油圧ショベルは、その多様なサイズと機能で、建設業界において幅広い用途に対応しています。小型のものから大型のものまで、それぞれの現場のニーズに合わせた機種が存在し、特定の作業を効率的に行うための特化した設計が施されています。

小型油圧ショベル

小型油圧ショベルは、主に機体重量が6トン未満のものを指し、狭いスペースや住宅地での作業に適しています。これらは、狭い道路や小回りが利くため、都市部での水道工事や電気工事、造園などに最適です。また、可変脚式クローラーを採用しているモデルもあり、狭い場所での作業に柔軟に対応できます。

中型油圧ショベル

中型油圧ショベルは、機体重量が6トン以上20トン未満のクラスで、一般的な建設現場での掘削や積み込み作業に使用されます。これらは、パワーと機動性のバランスが取れており、多くの現場で汎用性の高い選択肢となっています。

大型油圧ショベル

大型油圧ショベルは、機体重量が20トン以上のクラスで、大規模な土木工事や採掘作業に使用されます。これらのショベルは、大きなパワーと高い作業効率を誇り、大量の土砂を迅速に掘削・移動することが可能です。

特殊仕様の油圧ショベル

特殊仕様の油圧ショベルには、オフセットブームや後方小旋回機などがあり、特定の条件下での作業に特化しています。例えば、オフセットブームは、ブームが水平方向にも稼働し、狭い場所でも旋回して方向を変えることができるため、非常に便利です。また、後方小旋回機は、旋回時に必要なスペースを小さく抑えることができるため、狭い現場での作業に適しています。

重機の選定における考慮点

解体工事で使用する重機を選定する際には、以下の点を考慮する必要があります。 

建物の大きさと構造: 建物の規模や構造によって、適切なサイズや種類の重機を選ぶ必要があります。 

・立地条件: 狭い道路や密集地域では、小型の重機が適しています。 

・安全性: 重機の操作は高い技術を要求されるため、オペレーターのスキルや安全対策が重要です。 

・環境への配慮: 騒音や振動、粉塵の発生を最小限に抑えるための対策も必要です。


さいごに

私たち「解体ワンストップ」は、小さな解体(プチ解体)から建物の解体(木造解体・鉄骨解体・RC解体)まで解体工事の専門家として幅広い対応力をもち、 解体工事のプロとして、年間工事5,000件超の経験を生かし、解体から廃棄物処理までの「ワンストップ」対応にとどまらず、申請関係やその後の土地活用まで「ワンストップ」で対応可能なサービスを提供することを目指しております。 

福岡市近郊で解体工事をご検討される方、福岡市で相続した不動産の売却を含めた今後の活用方法についてお悩みの方(現在福岡市内にお住まいでない方でも相続した不動産の所在地が福岡市内または福岡市近郊であれば対応可能です) 

是非、解体ワンストップにご相談ください。 

その他、解体工事の疑問や不安をお持ちの方も、お気軽にご相談ください。 

問い合わせ先はこちら 

お電話は、092-734-5001 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ