はつり工事と解体工事の違い

建設業界では、様々な専門用語が使われていますが、その中でも「はつり工事」と「解体工事」は混同されやすい用語です。これらの工事は、建築物の改修や建て替えにおいて重要な役割を果たしますが、その作業内容と目的には明確な違いがあります。今回のブログでは、「はつり工事」と「解体工事」の違い、そして「はつり工事」の特徴について解説します。


目次

・はつり工事と解体工事の違い

・主なはつり工事

・はつり工事が必要となる現場 

・さいごに

はつり工事と解体工事の違い

はつり、またははつり工事とは、コンクリート製品を削る、壊す、または穴を開けるなどの作業を指します。この工事は、建物の新築や解体の際に見積もりに含まれることがあり、特に細かい調整や加工が必要な場合に行われます。例えば、既存の建物に新しい設備を追加する際や、配線を通すための穴を開ける際などにはつり工事が必要となります。はつり工事は、主に人の手で行われる作業であり、熟練した職人によって精密な作業が行われます。 

 一方、解体工事は、建物全体や大規模な構造物を壊す工事を指し、重機を使用した大規模な作業が行われます。解体工事は、建物の完全な撤去や、修理が困難な建物の取り壊しに用いられることが多いです。この工事では、建物の規模や構造に応じて、さまざまな種類の重機が使用されます。

 はつり工事と解体工事の主な違いは、作業の規模と使用する機械の違いです。はつり工事はより繊細な手作業が中心であり、小規模ながらも技術的な精度が求められる作業です。対して解体工事は、大型の重機を用いて建物全体を取り壊すため、より大規模な作業となります。


主なはつり工事

コンクリートはつり工事

建築物を構成する主要な部分である基礎や柱、梁(はり)、壁などの躯体と呼ばれる部分に玄関ドアや
窓をはめるためにコンクリートを削る工事のことです。

はつりこわし工事

はつりこわし工事とは、コンクリートで造られた建物の一部を、クラッシャーなどを使用して破壊する作業です。粉砕、取り潰し、打ち壊しなどの工法があります。

はつり仕上げ工事

はつり仕上げ工事とは、専用の特殊な機器を使用してコンクリートの表面を加工し、 デザイン性の高い仕上げを施す作業のことです。道具を使用することもありますが、工程上、手作業が多く時間もかかるので費用は高くなります。

はつり工事が必要となる現場

工事スペースが狭い現場

はつり工事は、ハンマーとタガネなどの道具を使った手作業が基本であるため、重機が使用できない狭いスペースでのコンクリートの破砕には、はつり工事が行われる。

仕上げに繊細な作業が求められる現場

はつり仕上げ工事を行い、コンクリート壁の外観や建物内部の壁の見栄えといったデザイン性重視の加工をします。繊細な作業が求められるため、基本的には職人の手作業ですが、機械を用いた作業を実施することもあります。

配線を後から追加する必要がある現場

あらかじめ電気配線などのスペースを考慮してコンクリートを流しこむのが一般的ですが、追加で電気配線工事を行う必要がある場合もあります。その場合は、は、はつり工事でコンクリートを削って、配線工事を実施します。

舗装をやり直す場合

道路や駐車場などコンクリートやアスファルトで舗装された箇所は、安全性を確保するために定期的なチェックと舗装の修繕が必要です。修繕箇所がある場合には、舗装された既存のコンクリートを一度はがすためのはつり工事が必要です。

さいごに

私たち「解体ワンストップ」は、小さな解体(プチ解体)から建物の解体(木造解体・鉄骨解体・RC解体)まで解体工事の専門家として幅広い対応力をもち、 解体工事のプロとして、年間工事5,000件超の経験を生かし、解体から廃棄物処理までの「ワンストップ」対応にとどまらず、申請関係やその後の土地活用まで「ワンストップ」で対応可能なサービスを提供することを目指しております。 

福岡市近郊で解体工事をご検討される方、福岡市で相続した不動産の売却を含めた今後の活用方法についてお悩みの方(現在福岡市内にお住まいでない方でも相続した不動産の所在地が福岡市内または福岡市近郊であれば対応可能です) 

是非、解体ワンストップにご相談ください。 

その他、解体工事の疑問や不安をお持ちの方も、お気軽にご相談ください。 

問い合わせ先はこちら 

お電話は、092-734-5001 

関連記事

カテゴリー

アーカイブ